アニメ評価・ランキングをお届けするサイト












新アニメの部屋特集「四月は君の嘘」あらすじ・魅力・実写化など


【四月は君の嘘】
泣けると話題になった青春音楽作品
ノイタミナでは「のだめカンタービレ」以来の音楽アニメ

2016年には実写映画化も決定!!
ドラマ化・劇場化し、日本中で起こった”のだめブーム”
四月は君の嘘は、のだめ並の大ヒットの予感あり!?

【あらすじ】
主人公の”有馬公生”は、
有馬公生234
母が叶えられなかった「世界的なピアニスト」になるという夢を叶えるために、
母から厳しい指導を受けた。
その結果、数々のピアノコンクールで優勝し、
「ヒューマンメトロノーム」と言われた天才ピアニストとなった。

しかし、母の死をきっかけに、ピアノが弾けなくなってしまう。
有馬公生2345

そして、ピアノの世界からも遠ざかってしまった。
有馬公生2


ピアノの世界から離れてから3年の月日が流れた。
中学生になった有馬公生は、ある休日に一人の少女と出会った。
有馬公生24

少女の名は、”宮園かをり”
宮園かをり45


有馬公生とは、同級生でバイオリニストだった。
彼女は、今からコンクールに演奏しにいくという。
演奏56
『公生も行こう』と幼馴染の澤部椿が声かけるが、

『僕は…いいよ』と公生は断る。

しかし、彼女は、嫌がる公生の手をとり
『君も行こっ』
宮園かをり

ずっと敬遠してたコンサート会場に連れていかれる。
演奏


そのコンクールで彼女の演奏に目を奪われた。
作曲家に盲従しない個性的な演奏で楽しそうに弾いていた。
会場全体が彼女の虜になった。
宮園かをり演奏
宮園かをり45


コンクール終了後、宮園かをりから伴奏者になるように頼まれる。

かをり『同世代で君を知らない演奏家はいない。
君は私たちの憧れだから、弾いてほしい』


しかし、公生は、過去のトラウマでピアノが弾けなくなったと断るが、
『君がピアノを弾いてないのも知ってる。君の言うとおり満足のいく演奏はできないかもしれない。でも君がいいの』
『だからお願いします。私の伴奏をしてください』

演奏55

『私をちょっぴり…支えてください』
『くじけそうになる私を支えてください』

と涙を流しながら、公生に伴奏者をお願いする。
演奏2

彼女の熱意に、心を動かされた公生は、決意する。
『やるよ 君の伴奏』
キャプチャ2

自由奔放な彼女に、有馬公生は振り回され、
初めは衝突ばかりだったが、次第に音楽が二人の心を通わせていく青春ラブストーリーとなっています。

有馬公生は、母の死と再び向き合い、克服できるのか?
かをりの抱える重大な秘密とは?
タイトルの意味とは?







この作品の魅力を紹介
【音楽の演奏シーン】
音楽が題材になっており、演奏シーンは圧巻
音楽系のアニメでは、No.1と言われている。
宮園かをり演奏2
宮園かをり演奏23
演奏シーンに莫大な時間をかけて制作されており、
実際の演奏シーンを様々な角度から撮影し、
どの方向から撮ると美しいか研究し、アニメに生かされている。

【心情描写・演出がお洒落】
まるでポエムのような言葉で上手く心情を表現しています。
演出もとてもお洒落です。製作者側のこだわりが感じます。


【脇役たちの描写】
この作品には、2人のライバルが登場するのですが、
脇役にも関わらず、かなりスポットをあてて描かれています。

相座武士と井川絵見
四月は君の嘘2
二人にとって、有馬公生は憧れの人物だった。
幼い頃から一度も勝てず、
公生がピアノの世界を離れた後も、復活を信じ、
「有馬公生を超えること」を目標に頑張ってきた二人の生き様に注目


【実写映画化】
新城毅彦監督で2016年実写映画化が予定されている。
新城毅彦監督といえば、青春映画を多く手掛けている。
「僕の初恋をキミに捧ぐ」、「パラダイス・キス」などが有名。

有馬公生役が「山崎賢人」さん
宮園かをり役が「広瀬すず」さんとなっています。
年齢は、中学生から高校2年生へ変更になります。

≪実写化に賛否≫
・とても楽しみ

・映画館で号泣しそう

・高校生設定が駄目。
幼児期に母親亡くしたのを高校生まで引きずらないと思う

・金髪美少女宮園かをりと広瀬すずさんとはイメージが違う



【感想】
青春音楽アニメとしては良作ではないでしょうか。
心情描写が凝っており、それぞれのキャラにスポットをあてて、丁寧に描かれています。
また、演奏描写が美しく、見る価値あると思います。

ギャグシーンも結構多いのですが、
話の内容が全体的に暗めで重いです。
見ていて切なくなくて、泣けるのが作品の魅力かもしれません。

関連記事




このアニメほんとにええわぁ…。
最高
[ 2016/01/09 22:05 ] [ 編集 ]

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://subaryu23.blog.fc2.com/tb.php/56-71c2ffc1